メルセデスベンツ アウディ 輸入車

メルセデス・ベンツ(その3)/Cクラス

メルセデス・ベンツ/Cクラス

 

多彩なラインナップを誇るメルセデス・ベンツの国内基幹モデル

 

「Cクラス」は、メルセデス・ベンツのベストセラーカーです。

 

2014年7月にフルモデルチェンジし、7年ぶりにニューモデルとなりました。

 

新型車は、ボディシェルのアルミニウム使用率をおよそ50%とし、高張力鋼板なども採用しています。

 

このことによって、先代車よりもホワイトボディで約70kgの軽量化を実現しました。

 

しかも、ボディサイズは全長・全幅ともに40〜50mmも大きくなっています。

 

パワーユニットも、1600ccと2000ccのターボを新開発しました。

 

セグメントでは初のエアサスペンションも設定して、最新技術を取り入れています。

 

装備に関しては、特に安全面における充実ぶりには眼を見張るものがあります。

 

また、実用面においても、広いトランクを用意するなど、使い勝手は向上しています。

 

 

メルセデス・ベンツ/Cクラスの追加情報

 

ベースモデルの「C180」は、1600cc直噴ターボで156psの出力を発生し、7速ATと組み合わされています。

 

Dレンジ、2000回転あたりからターボトルクが盛り上がり、アクセスレスポンスも向上します。

 

音に関しても、4000回転までは耳障りなノイズも発生しません。

 

上級なファミリーセダンとしての完成度は高いと言えるでしょう。

 

「C200」は、2000ccで184psの出力です。

 

スタートからの動きも軽く、0→100km加速は8秒台を記録しています。

 

また、実用燃費も8〜16km/Lを達成しました。

 

「C250」は、同じ2000ccターボでも、出力は211psにアップします。

 

乗り心地も硬めで、スポーツセダンとしての味付けとなっています。

 

室内は、大人4名での乗車が実用的でしょう。

 

トランクは、ゴルフバッグが3セット入るほどの大きさを確保しています。

 

 

価格帯

 

427.0〜1405.0万円

 

 

JC08モード燃費

 

9.5〜17.3km/L