メルセデスベンツ アウディ 輸入車

アウディ(その1)/A1

アウディ/A1

 

アウディブランド初の3気筒エンジンを搭載

 

「A1」は、アウディのエントリーレベルを受け持つクルマです。

 

フォルクスワーゲンの「ルポ」と基本プラットフォームを共用していますが、コンパクトなボディの中にアウディのプレミアムな感覚を取り入れています。

 

2015年5月のマイナーチェンジにおいて、新たに直列3気筒1000ccの直噴ターボであるTFSI仕様エンジンを搭載しました。

 

なお、エンジンはほかに、1400ccのTFSI仕様もあります。

 

さらに、高性能版の「S1」には、2000ccのTFSI仕様エンジンが、6速MTのトランスミッションとの組み合わせで搭載されています。

 

このようなラインナップとなっているため、予算に合わせて好みの仕様を選ぶことができるでしょう。

 

 

アウディ/A1の追加情報

 

ボディタイプは、3ドアと5ドアのスポーツバックがあるのですが、日本市場においては5ドアの販売比率の方が高くなっています。

 

1400ccエンジンには気筒休止機構が備えられており、クルージング中にアクセルを抜くと、気筒休止モードに入ったことがインパネ内に表示されるようになっています。

 

その際には、ショックはもちろん違和感がなく切り替えられるため、ほとんど気づかない程度のスムーズさです。

 

また、2014年11月に追加された「S1」は、文字通り楽しい走りが味わえるクルマとなっています。

 

手頃なサイズのボディにパワフルなエンジンを搭載しており、しかもトランスミッションは6速MTとの組み合わせとなっていますので、クルマと一体になって走る喜びを味わうことができるのではないでしょうか。

 

操る楽しさがふんだんに盛り込まれていますので、運転していて思わず笑顔になってしまうようなクルマになっています。

 

 

価格帯

 

249.0〜430.0万円

 

 

JC08モード燃費

 

14.4〜22.9km/L